リノベーションの本当の意味

近年注目を浴びつつあるリノベーションですが、似たような使われ方をする言葉であるリフォームやコンバージョンとは何が違うのでしょうか。リフォームとは、一般に、原状回復のための修復を言います。たとえば、年月の経過とともに、色あせてきた塗装を塗り直したり、古くなった壁紙を張り直して、新築の頃の姿に戻すのが、これにあたります。コンバージョンというのは、古い建物の用途を変更して、新しい役割を与えることで再生させることを言います。たとえば、もともとオフィスビルだったものを、マンションなどに変更したり、廃校になった古い学校を、ホテルなどに変えて再生させたり、といったようなことがこれにあたります。そして、リノベーションとは、建物を、その性能や構造を変えることで、新しい何かを付け加えたかたちで再生させることを言います。たとえば、バリアフリーのための改修を行い、お年寄りにも過ごしやすい家へと再生させたり、断熱材がほとんど入っていなかった古い家に、断熱改修を行うことで、快適な環境を持った家にする、といったようなことが、これにあたります。つまり、リノベーションというのは、単なる改造や変更ではなく、何らかの新しい価値を付け加えることによって、建物を再生させることなのです。

リノベーションとは価値をアップさせること

リノベーションという言葉は、不動産の世界でよく使われる言葉です。意味としては、大規模な改修を施すことによって、機能や、場合によっては用途まで変更し、性能をアップさせてその価値を引き上げることです。例えば、自分が住んでいたマンションを中古で売却しようという場合に、そのまま売り出すという方法は当然あります。しかし、そのまま売り出すと思い通りの値段で売れないことが結構あります。古くなった設備がそのままで、しかも前に住んでいた人が使い古した床や壁や設備がそのままの物件の場合、購入希望者が内覧した時の印象は単なる中古物件でしかありません。しかし、水回りの設備を最新式のものに取り換え、壁紙なども一定の購入層を意識して張り替えるなどのリノベーションをすることによって、購入希望者がその物件を見たときの印象は大きく変化してきます。中古物件を内覧しているという意識はほとんどなくなるでしょう。前に住んでいた人の生活が浮かぶこともなく、リノベーションされた物件を見ながら新しい自分の生活を想像することになります。そうすることによって、設備を新しくしたりするために投資した金額以上に高い価格での中古物件売却につながるのです。

recommend

お得な価格と充実の保証が魅力です。

太陽光発電 最安値

保障も充実、安心の飛燕シザー、品質に自信あり!!5年間の品質保証、30日間返金保証

美容ハサミ

ベテランの講師が行うセミナーです。

内部監査セミナー

2017/12/14 更新